社員の危機は会社の危機
-日本人の心情にあったメンタルヘルスの提案-

『夜間キャリア相談窓口』サービスを大学向けに販売

2010.12.01

日本経済新聞(12月1日16面)に学生の進路相談/夜間・休日に対応するサービスを開始する記事が掲載されました。 夜間や休日に大学生の就職・進路相談に大学から業務を請け負い、就職課の対応時間外に専門のキャリアカウンセラーが電話で相談に応じるという内容です。

『夜間キャリア相談窓口』サービス

キャリアセンター閉室時間における、学生からの就職・進学相談を
キャリアカウンセラーが電話で承ります。

セーフティネットでは、夜間でも、進路相談のプロである「キャリアカウンセラー」が相談センターに常駐し、ご相談を承ります。

夜型生活になりがちな学生にとって、進路などに悩む時間帯は夜間になるという方も多いのではないでしょうか。

また、進路を決める大切な時期は、学生に大きな心理的負荷がかかります。

そういった場合でも、セーフティネットでは「産業カウンセラー」が学生のメンタルヘルスケアを同時に行うことが可能です。

リンク:セーフティネット