社員の危機は会社の危機
-日本人の心情にあったメンタルヘルスの提案-

『海上自衛隊式 部下指導研修』のサービスを開始します。

2011.11.30

多くの部下を指導してきた元海上自衛隊幹部による
「海上自衛隊式部下指導研修」を12月より開始

海自の幹部育成教育『作戦要務』の方法を用いた研修のサービスを開始する記事が日経産業新聞 11月30日に掲載されました。
本研修サービスは、海上自衛隊の幹部育成教育の一つである「作戦要務」と呼ばれる論理的思考法を用いた部下指導法を学ぶ研修です。
海上自衛隊で多くの部下を指導してきた講師の実体験をもとに構築された研修カリキュラムにより、海自式の意思決定プロセスを身に付け、部下指導の基本から部下に合った指導法、上司の在り方、目標を達成するための行動方針などを学ぶことができます。
※「作戦要務」:海上自衛隊が作戦計画を立案し行動する際に用いる論理的思考法

最近顕著な相談のひとつに「部下指導」に関する管理職からの相談があります。「部下が思うように勣かない」、「チーム目標達成のための部下指導をどうすれば良いのか」など。
一方で、部下となる社員からは管理職に対し「明確な指示がない」、「無責任で信頼できない」といった相談が多く寄せられています。
元海上自衛隊幹部を務めた山﨑社長が海自の意思決定方法をベースにした研修で、(30代前後の若い)管理職向けに部下指導の効果的な方法の見極め方を学ぶ内容となっています。

リンク:セーフティネット