社員の危機は会社の危機
-日本人の心情にあったメンタルヘルスの提案-

NHK「特報首都圏」で相談窓口が紹介されました。

2012.07.13

先日、弊社にNHKの取材があり、短い時間ですが、弊社の相談窓口が紹介されました。

 セーフティネットでは、契約企業の社員と家族からの相談を、カウンセラーや看護師が24時間体制で受けています。
職場と家族のストレスを自分の中に抱え込み、外に出せない人が多くなっています。ストレス爆発は他人に向けられるものばかりではなく、自分に向けられるものもあります。
ある研究所が企業を対象に行った調査では、最近3年間で「メンタルヘルス」の不調を訴えた社員が増加している企業は44.4%に上っています。また、大企業だけでなく、最近では中小企業でもストレス検査を導入するところが急増しています。

特報首都圏「“ストレス爆発”をどう防ぐ」

企業様ご担当者様からのお問い合わせを随時受け付けております。
お気軽にご利用ください。

リンク:NHK 特報首都圏