精神障害の労災認定件数が475件(前年度比150件増)と過去最多

2013/06/22

 厚生労働省が6月21日(金)に発表した「労災補償状況のまとめ」によると、精神障害の労災認定件数が475件(前年度比150件増)となり、3年連続で過去最多を更新しました。
 そのうち自殺(未遂を含む)も過去最多の93件となりました。

 発症の原因は
「仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった」(59件)が最多、
「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」(55件)、
「悲惨な事故や災害の体験、目撃をした」(51件)、
の順となりました。

 また、前年度と比べた増加件数で見ると
「1か月に80時間以上の時間外労働を行った」(前年度比29件増)が最多、
「(重度の)病気やケガをした」(同27件増)、
「上司とのトラブルがあった」(同19件増)、
「セクシュアルハラスメントを受けた」(同18件増)、
「(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた」(同15件増)、
の順となり、職場での人間関係が影響した労災認定の増加が目立つ結果となりました。

 認定者の業種別では、
「製造業」(93件)が最多、
「卸売業,小売業」(66件)、
「運輸業,郵便業」「医療,福祉」(ともに52件)、の順。

 年齢別では、
「30~39歳」(149件)が最多、
「40~49歳」(146件)、
「20~29歳」(103件)、の順となっております。/p<>

(出典)
厚生労働省 6月21日(金)発表
平成24年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」まとめ
~精神障害の労災認定件数が475件(前年度比150件増)と過去最多~

新着ニュース

アーカイブ

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る