ニュース

【Press Release】東京大学大学院医学系研究科における社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」への協力参画のお知らせ

2022/06/01

Press Release
お客様各位

2022年6月1日
株式会社セーフティネット

 

東京大学大学院医学系研究科における社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」への協力参画のお知らせ

■はじめに

株式会社セーフティネットは、東京大学大学院医学系研究科と他社14社と共に、共同で社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」設置に協力参画しました。
設置期間は2022年6月1日~2025年5月31日(3年間)です。本講座は東京大学大学院医学系研究科に設置され、川上憲人特任教授、今村幸太郎特任准教授を含む3名体制で実施されます。

■「デジタルメンタルヘルス講座」の取り組みについて

昨今、IT技術の進歩に伴い、アプリを含め多数のデジタルメンタルヘルスサービスが提供されていますが、基礎となる科学的データが欠けていたり、効果評価研究がなされていなかったり、有効性については不明なものがあります。デジタルメンタルヘルスを人々の心の健康に役立つものにするために、これに関する科学的研究を行ってデジタルメンタルヘルスサービスを開発し、普及することが重要です。
このような中、本講座では、インターネットなどのデジタル技術を応用して精神健康を測定し、その保持・増進を支援する介入プログラムを提供する「デジタルメンタルヘルス」技術とこれを用いたサービスについて基礎および応用研究を実施し、人々の精神健康の向上に役立つ研究成果を発信することを通じて社会に貢献します。また研究成果をもとに、医学教育にも貢献します。
本社会連携講座では特に職場のメンタルヘルス対策や健康経営における心の健康づくりにデジタル技術を応用するための研究を行います。労働者の心の健康に関して デジタルメンタルヘルスを専門に研究する大学内の研究室の設置は世界ではじめてです。

■協力参画に向けて

株式会社セーフティネットは、本講座の研究への協力参画を通じて、最新の技術を人々の心の健康問題の予防や改善につながるデジタルプラットフォームの構築に貢献し、多様なツールを活用したカウンセリングの利用促進を図り、引き続き、職場の皆様が抱える様々な問題を解決支援することによってメンタルヘルス不調を予防し、仕事に集中できる環境づくりを支援して参ります。

 

社会連携講座「デジタルメンタルヘルス講座」
https://dmh.m.u-tokyo.ac.jp/

 

本件のお問い合わせ先
株式会社セーフティネット 営業本部 担当:山口
TEL:03-6832-3150

 

以上

新着ニュース

アーカイブ

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る

資料ダウンロード全27ページパワハラ防止法に対応!体制づくりに役立つ資料を無料進呈資料ダウンロード全27ページパワハラ防止法に対応!体制づくりに役立つ資料を無料進呈