ストレスコーピング

人がストレッサーにさらされると、心身に反応が起こります。例えば、心拍や血圧の上昇、発汗、筋緊張等身体的な反応や、怒り、不安といった感情や気分の反応が挙げられます。このような心身の反応が生じた時に、なんとかしようと行動しますが、この行動のことをストレスコーピングといいます。コーピングとは日本語で対処という意味があります。

ストレスコーピングには、二種類の方策があると言われています。

一つは、問題焦点型のコーピングです。ストレッサーそのものに働きかけて、それ自体を取り除いたり、変化させたりして解決をはかります。例えば、暑ければ冷房を入れる、不快な行為をされたら止めてという、回避する等が考えられます。

もう一つは、情動焦点型のコーピングです。ストレッサーそのものに働きかけるのが容易ではない場合は、ストレッサー自体をなんとかするのではなく、それに対する考え方や感じ方を変えようとすることです。例えば、ポジティブに考えてみる、気分転換する等が考えられます。

加えて、家族や同僚、友人、専門機関等への相談もストレスコーピングの一つと言えるでしょう。これらは社会的支援と呼ばれ、話を聴いてもらうことで気持ちが落ち着いたり、何かしらの解決の緒が見いだせたりするものです。困った時に相談できる関係性を日頃から大切にしておくこともストレスコーピングには重要と言えるでしょう。

 

 

参考:

厚生労働省「生活習慣病予防のための健康情報サイト」

https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/

厚生労働相「こころの耳」 http://kokoro.mhlw.go.jp/

 

筆者:相談センター 臨床心理士・産業カウンセラー

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る