メンター制度

厚生労働省によると、メンター制度とは豊富な知識と職業経験を有した社内の先輩社員(メンター)が、後輩社員(メンティ)に対して行う個別支援活動を指し、その役割は、キャリア形成上の課題解決を援助して個人の成長を支えるとともに、職場内での悩みや問題解決をサポートすることとされています。
メンター制度の最大の特徴は、「ななめの関係」ともいわれるメンター・メンティの関係性です。メンターはメンティの直接の上司ではない立場の先輩社員から選任するため、評価とは異なる文脈で先輩・後半間の自然な育成的関係が生まれやすく、それがメンターやメンティの成長のみならず、組織風土の醸成につながると考えられています。

 

導入の際は、新入社員の育成、若年層の定着支援、女性活躍推進等、メンター制度の目的をしっかりと定めておくことが重要とされています。その目的に応じた全体計画を策定し、推進チームや推進体制を整えましょう。主に人事部が中心になることが多いですが、人事部だけでなく、社内横断的な仕組みを作ることも重要とされています。
メンターとメンティのマッチング方法、メンターとメンティの対話(メンタリング)の頻度、会社への報告等をどのようにするか、運営上のルールを事前に決める必要があります。少なくとも、①メンタリングで話し合われた内容を口外しない、②メンタリング相談窓口を設ける、③メンタリングを業務の一環とするという運用ルールは決めておくと安心です。合わせて、メンターには組織における制度の目的やルールを理解が必要になるため、事前研修も用意するとよいでしょう。メンター制度の導入・運営には、事前の制度設計や準備が非常に重要といえるでしょう。

 

引用:
厚生労働省(2013)メンター制度導入・ロールモデル普及マニュアル
http://www.mhlw.go.jp/topics/koyoukintou/2013/03/07-01.html

筆者:
相談センター 臨床心理士・産業カウンセラー

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る