ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)

ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)とは、働くすべての人々が、「仕事」と育児や介護、趣味や学習、休養、地域活動といった「仕事以外の生活」との調和をとり、その両方を充実させる働き方・生き方のことです。「ワーク・ライフ・バランス」社会の実現に向けて、国と地方公共団体、企業、働く方が一体となって取り組むため、「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」と「仕事と生活の調和のための行動指針」が2007年12月に策定(2010年6月改定)されています。ワーク・ライフ・バランスが実現された社会は、私たちひとりひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会とされています。

 

ワーク・ライフ・バランスを実現すると、子育てをしながら仕事が続けられて生きがいを感じられたり、残業が減り子育てや家事を分担できるようになり仕事との両立ができたり、仕事帰りに学校に通い資格を取得することで昇進したり、介護サービスを利用して仕事と介護の両立ができたり、生活が充実することで仕事のやる気が出る、等、働く人々にとってメリットがあります。企業にとっても、長時間労働を改善して従業員の健康が守られたり、仕事以外の生活を充実させることで、従業員の満足度や仕事への意欲が高まったり、知識や技術、経験のある人材の離職を防ぎ、有能な人材を確保できたりと、やはりメリットがあります。ワーク・ライフ・バランスは、働く人々と事業主が共に協力して、自主的に取り組むことが望ましく、国や地方公共団体などが支援し、社会全体で取り組みを進めていくべきものです。

 

 

参考:

内閣府「仕事と生活の調和」推進サイト(http://wwwa.cao.go.jp/wlb/index.html)

 

筆者:

相談センター 臨床心理士・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る