両立支援(介護)

社会の高齢化が進み、働く人にとっても介護は身近なテーマとなってきています。そのため、厚生労働省 雇用環境・均等局(平成29 年10 月)では、「介護支援プラン」策定マニュアルを作成し、介護離職予防に取り組んでいます。

そのなかで、厚生労働省は、企業に求められる従業員の仕事と介護の両立支援への取組として、「介護離職を予防するための仕事と介護の両立支援対応モデル」を構築し、両立支援の必要性を掲げています。介護が生じる前から、両立支援の取組を行っておくことで、従業員が実際に介護に直面した際に、上司(管理職)や職場の同僚の理解・協力を得ながら、円滑な両立支援を勧めていくことが期待できるとされており、日頃からその取り組みを実施していくことが求められています。

 

「介護と仕事の両立を実現するための効果的な在宅サービスのケアの体制(介護サービスモデル)に関する調査研究 2017年」(みずほ情報総研株式会社)によると、職場の両立支援制度や、介護保険制度を使うことを思いつかず、「介護転職」「介護離職」してしまった人、「介護転職」「介護離職」をしたことを後になって後悔しているという人がみられた。という調査結果があります。

介護者個人の自助努力だけで就業を継続することは困難です。両立には、勤務先の人事部、上司・同僚の理解と協力が得られることと、ニーズに応じた介護保険サービス等を受けることの両方が不可欠と考えられ、企業の支援と市町村の支援は「車の両輪」といえるでしょう。

 

 

参考:厚生労働省 雇用環境・均等局(2017)『~介護に直面した従業員への支援~「介護支援プラン」策定マニュアル』https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/ryouritsu/model.html

みずほ情報総研株式会社(2017) 「介護と仕事の両立を実現するための効果的な在宅サービスのケアの体制(介護サービスモデル)に関する調査研究」

 

筆者:産業カウンセラー

 

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る