健康経営

近年、経済構造変化から働く環境が影響を受け、働く人のメンタルヘルスが注目される時代になりました。また、少子高齢化社会となり、労働力が減少していく中、労働生産性の低下など、労働力の確保や従業員の定着、活躍が重要になってきています。「健康経営」とは、「社員の健康を重要な経営資源と捉えていく」という考えのもと、健康増進に積極的に取り組む企業経営のスタイルです。

 

この「健康経営」は、アメリカの臨床心理学者・ロバート・ローゼン博士による「ヘルシーカンパニー」に基づいています。企業の利益追求と、働く人の心身の健康維持を両立することで、従業員個人の生活の質の向上だけでなく、企業活力を高め、経営者と従業員がお互いに“Win-Win”の関係を実現することができるという考えです。

 

2015年よりストレスチェックが50人以上の企業・組織に義務化され、 従業員の健康管理者は経営者にあることが明確化されました。経営者の経営方針のもと、健康管理を組織戦略に則って展開することが、これからの企業経営にとって重要です。「健康経営」では、企業のトップが従業員の健康を経営課題として捉え、その意義や重要性をしっかり認識し、その理念をトップダウンで社内外にしっかり示すことが肝要です。その理念のもとで、社長、人事総務、保健スタッフ、あるいは健康経営推進の担当部署が中心となって、従業員の健康保持・増進に向けた実行力ある組織体制を構築していきます。

 

「健康経営」では「健康」の維持・増進を「投資」と考えます。実施例としては、歩数計配布による運動習慣のサポート、がん検診のサポート、禁煙・節酒のための支援、生活習慣病対策として社内食堂での栄養面のサポートなどがあり、自社に見合った施策が実施されています。また、健康経営に取り組む法人が、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから評価を受けられるよう、優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する、経済産業省による「健康経営優良法人」認定制度も設けられています。

健康経営優良法人認定を受けることは「政府お墨付きのホワイト企業」となり、採用時のメリットにもつながっていくことでしょう。

 

参考:

企業の「健康経営ガイドブック」 経済産業省 商務情報制作局ヘルスケア産業課

http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkokeiei-guidebook2804.pdf

 

筆者:

相談センター 精神保健福祉士 産業カウンセラー

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る