安全配慮義務

事業者は、労働者の健康障害や労働災害を防止するための措置を講じ、さらに「快適な職場環境の形成」や「労働条件の改善」、「安全衛生教育の実施」等により、労働者の安全と健康を守らなければならない義務と責任を負っています (労働安全衛生法)。

また労働契約法第5条では、使用者の安全配慮義務(健康配慮義務)について、「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」と明文化しています。これには、危険な作業や有害物質への対策の他、近年問題になっているメンタルヘルス対策も含まれると解釈されています。

 

安全配慮義務違反となるポイントとしては、「従業員の心身の健康を害することを会社が予測できた可能性(予見可能性)」、また、「それを会社として回避する義務を果たしたかどうか(結果回避義務)」が問われます。これらに対して手段を講じておらず、かつ「因果関係があった」場合に、安全配慮義務違反となります。労働契約法に罰則はありませんが、上記のような安全配慮義務を怠った場合、民法第709条(不法行為責任)、民法第715条(使用者責任)、民法第415条(債務不履行)等を根拠に、使用者に多額の損害賠償を命じる判例がこれまでに多数存在しています。また民法以外にも、刑事上、行政上、補償上の責任、また社会的な責任が生じる可能性があります。

事業者は、安全配慮義務について、リスクマネジメントの観点からも考える必要があるでしょう。

 

参考:厚生労働省「職場のあんぜんサイト」http://anzeninfo.mhlw.go.jp/index.html

筆者:相談センター 精神保健福祉士、社会福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント

 

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る