睡眠障害

日本人の5人に1人が慢性的な不眠状態にあると言われています。

睡眠障害の代表的な症状には、寝つきが悪い(入眠困難)、夜中に何度も起きてしまう(中途覚醒)、朝早く目覚める(早朝覚醒)、時間的には十分なのに熟睡感がない、などがあります。その他にも、日中に強烈な眠気が起こる「過眠症」、寝ている間に足がむずむずしてほてってしまい、よく眠れない「むずむず足症候群」、睡眠と覚醒のリズムが乱れる「概日リズム睡眠障害」などが知られています。また、「睡眠時無呼吸症候群」や、睡眠中の異常行動、異常運動なども睡眠障害の一種と言われています。

 

睡眠の質は、工夫することで改善できます。例えば飲酒の後は、アルコールを分解するために身体が活動状態になり、深い眠りが得られにくくなります。夜中にトイレに起きたり、喉が渇いて起きるのも、深い眠りの妨げになるため、適量を心がけたいものです。また、食事は寝る2、3時間前まで、入浴は1時間前まで済ませておくとよいでしょう。牛乳を温めて飲んだり、部屋の照明を寝る1時間前から暗めにする、オレンジがかった電球色のような暖色系の照明にするなど、自然に眠りに入りやすい工夫をしてみることも大事です。

 

最近では、「睡眠負債」という言葉もよく聞くようになりました。睡眠時間の不足、生活リズムの乱れなどから、睡眠が負債のように積みあがる状態のことで、うつ病などの精神疾患だけでなく、肥満、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病、認知症との関わりも指摘されています。標準的な睡眠時間は、成人の場合6時間から8時間とされていますが、気になる症状が続くようであれば、医療機関への相談を考えてもよいかもしれません。(705字)

 

参考:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」

https://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html

厚労省「健康づくりのための睡眠指針」

https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221.pdf

 

筆者:相談センター 精神保健福祉士、社会福祉士、産業カウンセラー、キャリアコンサルタント

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る