4つのケア

厚生労働省は平成18年3月に「労働者の心の健康の保持増進のための指針」を定めて、職場におけるメンタルヘルス対策を推進しています。4つのケアとはこの指針の中で示されているメンタルヘルスケアのことで、メンタルヘルス対策を効果的に進めるために必要なケアを「セルフケア」、「ラインによるケア」、「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」、そして「事業場外資源によるケア」の4つの種類に分けて、この4つのケアが継続的かつ計画的に行われることが重要だとしています。

 

「セルフケア」は、労働者が自分自身で行うことができるケアのことで、自らのストレスに気づき、予防、対処します。労働者自身が心の健康について正しい知識を持つことが大切なので、事業者は労働者に対してセルフケアの研修や情報提供などを行います。管理監督者自身のセルフケアも重要です。

「ラインによるケア」は、日常的に労働者に接する職場の管理監督者が行う部下に対するケアのことです。日ごろの職場環境や労働者の業務状況などの把握と改善、部下の相談対応、職場復帰における支援などを行います。

「事業場内産業保健スタッフ等によるケア」は、事業場の産業医、保健師や人事労務管理スタッフ等の産業保健スタッフが行うケアで、セルフケア及びラインによるケアが効果的に実施されるよう、労働者及び管理監督者に対する支援を行います。また、具体的なメンタルヘルス対策の企画立案などを行います。

「事業場外資源によるケア」は、事業場の外部の専門的な機関や専門家を活用して、その支援を受けることをいいます。産業保健総合支援センターやEAP(従業員支援プログラム)なども事業場外支援にあたります。

 

参考:

厚生労働省「職場における心の健康づくり~労働者の心の健康の保持増進のための指針~」(2012)

(https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/dl/101004-3.pdf)

厚生労働省「こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト」(http://kokoro.mhlw.go.jp/

筆者:

相談センター 臨床心理士・産業カウンセラー・キャリアコンサルタント

 

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る