EAP(従業員支援プログラム)

EAP(Employee Assistance Program)はアメリカで発展した職場のメンタルヘルスサービスで「従業員支援プログラム」と訳され、組織や個人における生産性に影響をもたらす課題の解決を支援し、組織と個人の健康保持増進をすることを目的としています。

元々、アルコール依存などを抱える従業員とその家族を支援した活動に端を発し、現在は、企業に対するメンタルヘルス全般や家庭問題、法律の悩みなど、支援の対象範囲は広がりを見せています。

国際EAP学会(EAPA)はEAPの中心となる技術(コアテクノロジー)について以下の8つを挙げています。

 

1.組織のリーダー(管理職、組合員、人事)等への問題を抱える社員の管理、職場環境の向上、社員のパフォーマンスの向上に関するコンサルテーション、トレーニング、援助。

および社員とその家族へのEAPサービスに関する啓蒙活動。

2.個人的な問題によって社員のパフォーマンスが落ちないように、社員への秘密厳守で迅速な問題発見/アセスメント・サービスの提供。

3.パフォーマンスに影響を与えている個人的な問題を持つ社員へ建設的コンフロンテーション、動機づけ、短期介入的アプローチを通して、個人的な問題とパフォーマンス問題の関係に気付かせること。

4.社員を医学的診断、治療、援助のための内部または外部機関にリファーし、ケースをモニターし、フォローアップを行うこと。

5.治療等のサービスのプロバイダーとの効果的な関係を確立、維持するための組織へのコンサルテーション、およびプロバイダー契約の管理および運営。

6.組織にコンサルテーションを行って、アルコール問題、物質乱用、精神的、心理的障害などの医学的、行動的問題に対する治療を医療保険の中に含み、社員が利用するように働きかけること。

7.組織や個人のパフォーマンスへのEAPの効果を確認すること。

8.EAPサービスの効果評価  (日本EAP協会ホームページより引用)

 

上記のように、EAPは組織リーダーへの教育、コンサルテーション、外部資源へのリファー、メンタルヘルス問題への組織的取り組みを行うなど、様々な活動を通じて多面的に組織や従業員を支援しています。

 

引用: 日本EAP協会 ホームページ http://eapaj.umin.ac.jp/ 2018年11月1日閲覧

筆者:相談センター 臨床心理士・産業カウンセラー

カテゴリ

五十音

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る