ニュース

厚生労働省が2020年度の労災補償状況を公表! 精神障害の原因の1位は「パワハラ」

2021/06/24

厚生労働省が23日公表した2020年度の労災補償状況によると、請求件数は2,051件で前年度比9件の減となり、うち未遂を含む自殺の件数は前年度比47件減の155件であった。

仕事の強いストレスに伴う精神障害の労災認定は前年度比99件増の608件だった。
2年連続の増加で、過去最多を更新。
20年6月から精神障害の原因として明確に認められたパワハラの労災認定が急増した。

精神障害の原因は「上司等から、身体的攻撃、精神的攻撃等のパワーハラスメントを受けた」(99件)が最多。「悲惨な事故・災害の体験・目撃」(83件)、「同僚などからの暴行又は(ひどい)いじめ・嫌がらせを受けた」(71件)、「仕事内容・量の変化」(58件)と続いている。

請求件数、支給決定件数ともに、年代別に見ると40代、30代、20代の順に多い。職種別では請求件数、支給決定件数ともに職種別(大分類)の「事務従事者」のうち「一般事務従事者」323件、57件が最多。
「一般事務」「保健師・助産師・看護師」「介護サービス職」が目立つ。
精神障害の認定のうち、自殺・自殺未遂は7件減の81件だった。

 

「職場におけるパワーハラスメント防止のために、雇用管理上必要な措置を講じることが事業主の義務」となり、大企業が2020年4月、中小企業が22年4月から従わなくてはいけません。

 

改正法は、パワハラを「優越的な関係を背景にした言動で、業務上必要な範囲を超えたもので、労働者の就業環境が害されること」と定義。その上で、パワハラ防止策をとることを企業に義務づけています。
従わない企業には、厚生労働省が改善を求め、助言、指導、勧告と段階を経て、最終的には企業名の公表になります。

ハラスメント事案が社印、企業、コンプライアンス上に及ぼす影響は大きく、企業におけるハラスメント対策は喫緊のものとなっています。

 

ハラスメントサービスページはこちら

https://www.safetynet.co.jp/service/eap/#linked_harassment

 

 

 

 

新着ニュース

アーカイブ

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る