HRコラム

研修

送信で終わりじゃない「ビジネスメール」のマナー

  • twitter
  • facebook
  • line
<

送信で終わりじゃない「ビジネスメール」のマナー
件名に「お世話になっております」は避ける

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャ®」の大野萌子です。

ビジネスにおいて、主要な連絡ツールの1つ“メール”。どこにいても時間を選ばずに連絡可能という点において、利便性は高く、急ぎの要件に迅速にこたえられるほか、データの送付を行えば、大量の情報のやり取りも可能になるなどメリットは多くあります。しかし一方で、依存しすぎてしまうと、トラブルを招き危険です。そこで、デメリットを軽減し、メリットを生かせるマナーについてお伝えしていきたいと思います。

24時間対応可能という側面

メールの最大のメリットは、相手の都合を選ばずに発信できるという点にあります。そういった意味では、時間を自由にコントロールできるので、ストレスがかかりにくいといえるでしょう。しかし反面、今や職場のPCだけではなく、携帯端末でもやり取りが可能ですので、24時間対応可能という側面もあり、受け手にとっては、つねに負担を強いられてしまう環境を作り出しています。

とくにコロナ禍で、在宅ワークになっている方にとっては、いったいいつまでが就業時間なのか線引きが難しくなり、切り替えができないといった悩みも多く寄せられます。そして、何が何でも返信しないといけないという思いで、追い詰められるとメールの内容にも影響が出てくるかと思います。ビジネスの業態にもよりますが、対応時間帯の線引きが自分の中でも必要です。土日は返信しないとか、夜〇時以降は翌日の対応にするなど、ゆとりを持つことが大切です。可能なら、前もってアナウンスしておけば気持ちもさらに楽になるでしょう。

また、忙しくて、きちんと対応できないときも、まずは「受信しました」という内容の連絡をして、追っていつごろまでに再連絡をすることを伝えておくことで、「待たされ感」を相手に与えずに済みます。急いで飛ばし読みをして不正確な返信をしてしまうよりも、この方法が好印象です。早い対応は信頼にもつながりますから、こうしたアクションを取ることで、放置してしまうことを避けられます。

つぎに、メールでやり取りの履歴が残るというのは、「言った言わない」を避け、正確な情報を共有するためには、有効です。

ただ、大きなデメリットも存在します。メールは送付したら完了ではないのです。

続きはこちら!

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る

資料ダウンロード全27ページパワハラ防止法に対応!体制づくりに役立つ資料を無料進呈資料ダウンロード全27ページパワハラ防止法に対応!体制づくりに役立つ資料を無料進呈