HRコラム

こころとからだの健康

親と「ちょうどいい関わり方」を保つためのヒント

  • twitter
  • facebook
  • line
<

親と「ちょうどいい関わり方」を保つためのヒント
余計なひと言を「わかりあえるひと言」に変える

こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。

親も子も年齢が上がってくると、関係性も変わってきます。カウンセリングをしていると、子育ての心配や仕事の悩みなどいろいろなご相談をお受けしますが、その一方で、自分の年老いた親との関係性に悩む人も少なくないのです。

この連載の記事一覧はこちら
「つい親に暴言を吐いてしまう」「冷たくあたってしまい後悔する」という社会人の声もよく聞きます。親との関係性が、自分の子どもに影響してしまうことも大いにあります。

年を重ねると、お互い自分の意見や考えにこだわって融通が利かなくなったり、わがままになったりすることもあるでしょう。親にとって、子どもはいつまでも子どもですから、人によっては、大人になってからも子どもの人生に過剰に介入してくるケースも。

安定した親子関係を保つポイントは、お互いを尊重しつつ、「適度な距離」をとることです。拙著『よけいなひと言をわかりあえるセリフに変える 親子のための言いかえ図鑑』から、「親と話す」シーンにおける会話のヒントをお伝えします。

邪魔するのではなく、応援する気持ちの余裕を

子どもの人生は子どもが決めるのと同じで、親の人生も親のものです。たとえ高齢になっても、親が何か新しいことを始めたいと言うなら、邪魔するのではなく応援してあげましょう。

「年を考えてよ」「いい年をして問題を起こさないでほしい」「よけいなお金を使ってほしくない」などと、反対したくなることもあるかもしれません。しかし、親の世界を狭めると、結果的に負荷がかかってくるのは子どもであるあなたです。

続きはこちら!

EAP(従業員支援制度)

従業員やご家族、そして人事ご担当者に対し “働くことに集中できる環境を整えること” をコンセプトに仕事や家庭、プライベートに関するさまざまな困りごとに24時間体制で対応しております。

詳細を見る

ストレスチェック

実施者の代行や医師面接勧奨、集団分析の有効活用、職場環境改善、高ストレス者のフォロー、医師面接など、ワンストップでお役に立つことが可能です。

詳細を見る

研修

新入社員、一般社員、管理職などに対し、弊社の講師を派遣し、メンタルヘルスやハラスメント、コミュニケーションに関する教育研修を行います。

詳細を見る

医師

医師によるチャット相談、ストレスチェック実施後の医師面接、産業医紹介など、医師に関わるサービスを提供いたします。

詳細を見る

カウンセラー

ストレス度の高いと思われる部署や役職の社員に対して、弊社カウンセラーが面談カウンセリングを行い、状況把握とストレス軽減を行います。

詳細を見る

CRM

クライアント企業の様々なご要望をもとにスタートしたサービスがございます。 1つでも多くのご要望に応えることで社会の課題を解決支援して参りました。 皆さまのこんなサービス可能ですか?をお待ちしています。

詳細を見る

資料ダウンロード全27ページパワハラ防止法に対応!体制づくりに役立つ資料を無料進呈資料ダウンロード全27ページパワハラ防止法に対応!体制づくりに役立つ資料を無料進呈